The terrace where the wind passes

“風”が吹き抜けるテラス

今まで宴会場・貸切部屋であったスペースを、壁を取り払い“風”をテーマに「ブーケテラス」へとリニューアル。
ブーケテラスのテーマは“風”。
自然の風景と融合した空間はまるで美術館にいるよう。
風の時代と呼ばれる今の時代。テラス全体に吹き抜けるやさしい“風”を感じながらお食事、カフェタイムをのんびりと過ごしていただきたいです。 ペットも同伴可能です。

こだわり 01.

厳選素材と創作料理

ブーケテラスで八鹿の自然と風を感じながらゆっくり過ごす。そんな優雅な時間にマッチする料理をテラスのオープンに合わせ新しく開発しました。 ひとつひとつのお料理にこだわり、シンプルでいて豊かな味わいのお料理をご用意しております。

こだわり 02.

作家と左官職人

テラスの建築を手掛けたのは地元の作家。通常の建築ではあまり使わない素材で空間を構築。古くからの親友、左官職人“久住 有生”氏に壁の創作を依頼。二人のコラボがこのテラスならではの芸術的で甘美な非現実空間を演出しています。

こだわり 03.

ペット同伴も可能です

テラスというオープンな空間ですのでペットの同伴も可能です。洗練されたおしゃれな空間で家族同然のわんちゃんとお食事やカフェタイムをまったりとお過ごしください。

Space created by the artist

作家と左官アーティストが手掛けた
限りないまったり緩空間

テラス席の建築を手掛けたのは地元の作家“田村泰志”。
普段は絵画や彫刻、書、漆工芸、音楽などの創作活動を行っています。
一般的建築とは違う独自の発想で庭、レイアウト等をデザイン。
今回は漆の重ね塗り(擦漆)を使用したウッドデッキがメインです。
また大宴会場解体作業で発生した廃材を活かして再利用を行う「エコプロジェクト」で空間を構築。
そしてテラス席の壁のしつらいには、田村氏の親友で世界的な左官アーティストでもある
“久住有生(くすみなおき)”氏に創作を依頼。
「気心知れたこの二人に言葉や打ち合わせなど不要、テーマは風」です。
壮大でいて繊細な養父市の大自然と調和した初合作となりました。

Harmony with nature

自然と調和したおいしいお料理

ブーケテラスで八鹿の自然と風を感じながらゆっくり過ごす。そんな優雅な時間にマッチする料理をテラスのオープンに合わせ新しく開発しました。
但馬牛や但馬どりといったご当地グルメを、景観を楽しみながら、手軽で簡単に食していただけるよう、ワンプレートメニューをご用意しております。

Cafe time with pets
わんちゃんも一緒にどうぞ
テラスというオープンな空間ですのでペットの同伴も可能です。洗練されたおしゃれな空間で家族同然のわんちゃんとお食事やカフェタイムをまったりとお過ごしください。